まつげパーマ

魅力的な目元を作るためにまつげをパッチリとさせたい

 

そんな印象作りをする人たちの間で今話題になっているのがまつげパーマまつげカール

 

どちらもまつげを自然な上向きにカールさせる施術ですが、どうして2種類もあるのでしょうか?

 

その違いと効果、メリットやデメリットなどをまとめてみました!

 

 

まつげパーマとまつげカールは全く同じものだった!?

 

結論からいうと、まつげパーマとまつげカールにはどちらも違いがありません

 

ではなぜ2通りの名前が付いているのかというと、現在日本ではまつげにパーマ液をつけてカールさせることは許可されていないからなんです。

 

当然、施術資格なんかも要りませんし、トラブルも多く聞かれます…信頼できる技術を持った人以外にお願いするのは少し不安が残ります。

 

許可されていないものを堂々とうたい文句にしてお客さんを集めるのは色々と大変なことになってしまうことが多いため、まつげカールという名称で呼び込みをしている、というのが現状。

 

中にはパーマ剤を使わずにカールさせるところもあるようですが、大抵はパーマ剤を使用しているので、どちらも同じものだと思って差支えがありません。

 

 

まつげパーマ、まつげカールのメリットとデメリット!
メリット

自然な上向きまつげが作れるため、ビューラーなどが必要なくなりメイクの時間が短縮できる。

 

デメリット

パーマ液によるかぶれ、一時的な視力障害を起こす場合があります。また、パーマ液によってまつげ自体がダメージを受けてしまうため、抜けやすくなったり新しいまつげが生えづらくなってしまうといった場合もあります。

 

 

現在は自分でできるまつげパーマ液なども販売されていますが、上記のデメリットを見る限り容易には手を出さないほうが安全かもしれません。

 

また、エステやサロンなどで施術してもらった場合も、まつげ自体にはかなりのダメージを追ってしまっているので、しっかりとケアしてあげることも大切なので覚えておいて下さいね。

 

リバイブラッシュの口コミや評価を徹底検証!